2016年11月30日

東日本各地で住宅火災相次ぐ 未明から早朝、計8人死亡

東日本各地で住宅火災相次ぐ 未明から早朝、計8人死亡

2016/11/30 11:48 朝日新聞デジタル

(引用文)
 30日未明から早朝にかけ、東日本の各地で住宅火災が相次ぎ、焼け跡から計8人の遺体が見つかった。

 30日午前6時ごろ、札幌市西区発寒11条5丁目の金木忠さん(74)方付近から出火、木造2階建て住宅延べ約120平方メートルが全焼した。札幌西署によると、焼け跡から3人の遺体が見つかり、金木さんと妻、長男の3人とみて身元の確認を急いでいる。現場はJR発寒駅の南東約1キロの住宅密集地。

 宮城県東松島市大塩では午前0時55分ごろ、農業新田きみ子さん(84)方から火が出ていると付近の住民から119番通報があった。県警などによると、木造平屋建ての住宅1棟が全焼、倉庫など3棟の一部が焼け、焼け跡から2人の遺体が見つかった。新田さんと、同居する息子と連絡が取れないという。

 午前4時55分ごろには、千葉県鴨川市成川の四野宮一夫さん(85)方の住宅が燃えていると、近所の住民から119番通報があった。県警によると、焼けたのは木造一部2階建て住宅と納屋で、焼け跡から2人の遺体が見つかった。四野宮さんと妻の清子さん(76)と連絡が取れないという。

 東京都立川市柏町4丁目でも午前7時半ごろ、鉄筋コンクリート5階建て都営アパート1階の一室から出火、和室の壁など約5平方メートルが焼けた。この部屋に一人で住む磯部文子さん(91)が浴室の前で仰向けに倒れた状態で発見されたが、間もなく死亡が確認された。

(引用元)
http://www.asahi.com/articles/
ASJCZ34QVJCZUTIL005.html
posted by TJK at 21:26| ニュース

2016年11月24日

ごみの捨て方注意され脅した疑い、自称・デザイナーの男逮捕

ごみの捨て方注意され脅した疑い、自称・デザイナーの男逮捕

2016/11/24 10:48 TBS News i

(引用文)
 東京・世田谷区のアパートで、ごみの捨て方について指摘した男性に対しサバイバルナイフを突きつけて脅したとして、自称・デザイナーの男が警視庁に逮捕されました。
 逮捕されたのは小林裕和容疑者(38)で、今月18日、世田谷区の都営アパートにある自宅で自治会の男性(40代)に対しサバイバルナイフを突きつけ、「ぶっ刺すぞ」と脅した疑いが持たれています。小林容疑者が缶とペットボトルを一緒に捨てていたため、男性が小林容疑者の自宅を訪れ指摘したところ、サバイバルナイフを突き出されたということです。
 小林容疑者は、「正当な理由がないのに部屋に入ってこようとした」などと容疑を否認していますが、ごみの捨て方をめぐって近所とのトラブルが今年9月以降2回あったということで、警視庁が詳しいいきさつを調べています。

(引用元)
http://news.tbs.co.jp/newseye/
tbs_newseye2922986.html
posted by TJK at 21:49| ニュース
著作権は報道機関各社に帰属します。